• ホーム
  • かかると怖い!様々な性病の感染を防ぐ方法とは?

かかると怖い!様々な性病の感染を防ぐ方法とは?

2020年03月16日

性感染症は苦しい思いをすることが多いですし、放置することによって重い病気を患ってしまう可能性があるので、怖いと思っている人は少なくありません。実際、性病は怖いものがほとんどなので、性感染症にかかってしまわないようにすることが大切です。性病にならないようにするためには、性病についての知識を得るとともに、予防策などを実践していく必要があります。

性感染症の多くは性行為によって感染するので注意が必要です。なかにはタオルや衣服の共用、銭湯やプールなどの公共の場で移ってしまうこともあるので、性交渉だけが理由ということはできませんが、病気の大多数は性交渉を行うことによって起こると言えます。コンドームなしで男性器と女性器が触れ合ったり、オーラルセックスやアナルセックスを行ったりすることで、病原体が相手に移ってしまい、性感染症を患ってしまうことが多いと言えるでしょう。

性行為によって病気が移らないようにするためには、コンドームの着用が必要だと言えます。特に女性がピルを飲んでいる場合や男性同士で性交を行う場合は、避妊具を着用する必要がないと考えることも少なく在りません。ですが、コンドームを装着せずに性器や粘膜が触れてしまうと、どちらか一方が病原体を保有していたら相手に移ってしまう可能性が非常に高いと言えます。もし性感染症を患っていたとしても、コンドームを使用していれば防げるというケースもたくさんあるので、まずは避妊具の着用を心がけておくことが大切だと言えます。

性感染症に移らないようにする方法として、不特定多数の人と身体の関係を持たないということも大切です。なかには、パートナー以外とも関係を持ってしまう人や、特定のパートナーをつくらずに不特定多数の人と性交渉を行っているという人もいるでしょう。そういった人は、すでに病気を持っている人と行為に及んでしまう可能性がとても高いですし、ピルを服用しているため避妊具の着用にルーズであるということも少なくありません。不特定多数の人と関係を持つことは感染のリスクを高めてしまいますので、なるべく不特定多数の人と性行為を行わないようにし、信頼できる相手以外とは行為に及ばないようにしてください。

また性風俗の利用をやめるという方法もあります。性風俗は性病のチェックに厳しいと思う人もいるかもしれませんが、潜伏期間などは検査をしても陽性反応が出ないため、しっかりと検査を行っていると言っているお店でも、確実だとは言い切ることができません。絶対に性病になりたくないというのであれば、初めから原因となり得る性風俗を利用しないようにすることがおすすめです。パートナーがいる場合、性風俗で病気をもらってしまうとパートナーに感染させたり、信頼を失ったりする原因にもなりますので、できるなら予防もかねて性風俗を利用しないようにすると良いでしょう。

性感染症は怖いものですが、予防することで感染を防ぐことが可能です。コンドームの着用や、感染者との性行為を避けるなどを徹底すればリスクを下げることができます。

関連記事
免疫力が落ちるとすぐなってしまう女性を悩ますカンジダ

カンジダは女性を悩ませる病気のひとつだと言うことができます。これは性感染症のひとつですが、性行為以外にも感染を起こす、変わった性質をもつ病気だということができるでしょう。通常の性病の多くは、コンドームなしでセックスを行ったり、オーラルセックスやアナルセックスを行ったりしたことが原因で発症します。しか

2020年02月10日
一度服用するだけ!クラミジア治療にはジスロマックが有効!

クラミジアを治療するためには薬を使用しなければなりません。性感染症を治すための医薬品は数多く存在していますが、クラミジアに効果があるものであれば、ジスマロックがおすすめだと言えます。これはいくつかの性感染症を治すことができる医薬品として知られており、性病の治療ではよく用いられるものだと言うことができ

2019年10月07日
自覚症状が半年出ないトリコモナスは女性に感染者が多い性病

有名な性感染症のひとつにトリコモナスがあります。これはウイルスや細菌が原因ではなく、トリコモナス原虫という原虫が原因となって発症する病気です。性感染症といえば性行為が原因で感染することが多いですが、この病気は性交渉以外の感染経路でもうつってしまいます。たとえば下着やタオルの共用、銭湯やプールの利用な

2020年01月03日
HIV・エイズとはどんな病気?簡単にうつるの?

HIVやエイズはとても怖いものとして認識されていることが多いですが、病気の実態を正確に理解することができている人は少ないと言えます。HIVはヒト免疫不全ウイルスのことであり、エイズは後天性免疫不全症候群のことを指しており、これらは同一のものではありませんが、非常に密接なつながりがあります。ヒト免疫不

2019年12月07日
性器ヘルペスの治療薬の代名詞バルトレックス

性感染症のひとつであるヘルペスに感染してしまうと、特に女性の場合は強い痛みを生じることが多いと言えます。また再発しやすいという特徴もあるので、もし感染してしまったかもしれないという場合は、早急に検査を行い、陽性反応が出た場合はすぐに治療を始めるようにしなければならないでしょう。ヘルペスは性交渉だけが

2019年11月11日
予防対策としてクラミジアに感染する原因を知ろう!

クラミジアにならないように予防したいと考えるのであれば、まずは感染してしまう原因を知ることが大切です。性病はたくさん存在していますが、すべてが同じ感染経路で移るというわけではありません。正しく予防するためには、正確な知識を持っておくことが大切だと言えるでしょう。クラミジアは基本的に性行為によって感染

2019年10月13日
妊婦には使えないがクラミジア治療にはクラビットが使用される事もある

クラミジアの治療に用いられる医薬品は、ひとつの種類だけではありません。クラビットというニューキノロン系の治療薬が用いられることもあります。ただし、この医薬品は妊娠している人や妊娠している可能性がある人は服用することができません。しかしながら、それ以外の、使用しても平気な人であれば、服用することで高い

2019年10月09日
男女別クラミジアの進展順路

クラミジアについて知っておくべきことのひとつには、症状が進行する進展順路があります。性感染症は初期症状だけでなく、それが進展することによって他の症状を引き起こすので、どういった進展順路であるか知っておくことができれば、異変に気づいたときに、今どの段階であるか知ることができるのです。初期症状だと気づく

2019年10月05日