悩む男性とウィルス

性感染症には様々な種類がありますが、日本国内で最もポピュラーだと言われている性感染症にクラミジアを挙げることができます。日本では感染者数が40万人以上いると言われており、その数はとても膨大だと言えるのです。性感染症は性別によっても症状が異なりますので、男性と女性によってどのような違いがあるかを含めて病気について理解しておくことが大切だと言えます。

原因菌であるクラミジア・トラコマティスに感染してから、発症するまでの期間である潜伏期間は数週間だと言われています。これは個人差があるので、1週間で症状を感じる人もいれば、3週間ほど経過してやっと気づく人もいるのです。ただし、男性も女性も半数以上は無症状なので、感染していたとしても気づくことができない可能性があるということを理解しておきましょう。

男性がクラミジア・トラコマティスに感染した場合は、尿道に異変が起こるという特徴があります。尿道に痒みや不快感を覚えたり、尿道から透明や乳白色の膿が出たりすることがあるのです。排尿時の痛みは軽いものであり、性器に発熱や痛みを覚えることもありますが、これも程度は軽いと言えます。稀に精巣上体と呼ばれる副睾丸が腫れることもあるので、注意しておきましょう。

男性の症状は淋病に感染したときのものと似ていると言うことができますが、クラミジアのほうが症状は軽いです。たとえば膿が出ることは同じですが、この性病では基本的に色は透明でサラサラとした膿が少量だけ出ます。朝起きると下着に付着しているくらいなので、病気だと気づくことができないケースも多いです。ただし、性病にかかってしまったことに気づくことができず、病気を放置してしまった場合は、病原菌が尿道から前立腺や精巣まで入り込み、前立腺炎や精巣上体炎になることもあるので注意が必要だと言えます。

女性の場合は、男性と違った異変が起こります。子宮の入り口である子宮頸管に感染して炎症を起こし、不正出血やおりもの増加といった変化や排尿時に痛みを伴うという異変が見られるようになるのです。また下腹部に軽い痛みを感じることもあり、何もしなくても痛みを感じることもあれば、性交時に下腹部から性器にかけて痛みを感じることもあります。おりものの増加は量が少量ですし、特有の臭いがあるわけでもないので、判断が難しいと言えるでしょう。排尿痛も程度が軽く、それほど気にならないことが多いです。

女性はおりものの臭いや排尿痛、痒みなどから自覚症状があらわれにくいと言えます。ですが、自覚症状がなくクラミジアに感染したことに気づくことができなければ、病原菌が移ったまま放置することになり、病原菌が身体の奥に広がって重い病気につながることもあるのです。症状が悪化すると、卵管炎や卵巣炎、骨盤腹膜炎を起こしてしまい、骨盤内炎症性疾患を発症します。特に卵管炎の場合は、卵管が正常に機能しなくなって子宮外妊娠を起こす原因となったり、卵管内が癒着して不妊症になったりすることもあるので注意しましょう。

クラミジアは自覚症状がないこともある性感染症なので、男女ともに気づけない人が多いです。もしも些細なことでも異変があった場合はクラミジアを疑って医療機関を受診したり、検査を行ったりするようにしてください。早く診察や検査を行うことで病気を発見することができれば、早急に適切な治療を行うことができるため、クラミジアが悪化する前に治すことができます。男性と女性で感染した場合にどのような症状の違いがあるのかを把握し、些細な異変が起こったときでも、すぐに異変に気づくことができるようにしておくことが大切です。